viva! amigoは毎月第1、第3、第4金曜日に、伊勢崎、桐生、みどり、太田、館林、大泉町、邑楽町、板倉町、明和町、千代田町に折り込まれる読売新聞の地域情報紙

最新のviva! amigo

2018年8月17[434]

 

< 特集企画 > 1、2、ページ

これからの季節に聞きたい虫の音

ぐんま昆虫の森の「昆虫専門員」に聞きました!

まだまだ暑い日が続きますが、暦の上ではもう秋。暑さを忘れ、早く秋を感じたいところ。今週のビバ!アミーゴでは、「ぐんま昆虫の森」の昆虫専門員の方に、これから聞ける「鳴く虫」を教えてもらいました。県内では近年に数を大きく減らしている虫もいます。

 

< 地域ニュース > 3、4ページ 

若手有志が地域の魅力発信 重伝建地区で新たなイベント

 桐生市の本町1、2丁目の重要伝統的建造物群保存地区を会場としたイベント「HONCHO1─2FES(ホンチョウ ワンツー フェス)」(同フェス実行委主催)が、9月15、16日に初めて開催される。実行委員長の齋藤直己さんは「イベントを通して、たくさんの人にこの地域の魅力を知ってもらい、よりにぎやかな町にしたい」と話している。

 

植木の里 歩いて感じて 千代田町の産業をPR

 千代田町経済課は「植木の里」としての魅力を町内外にPRしようと、新たに四つの新規事業を展開する。「フットパス」「オープンガーデン」「誕生記念樹」「生垣造成事業」で、同課農政係の山下明範係長は「当たり前のように身近に緑があるというのは、千代田町の大きな魅力。町外の人にも植木の里としての千代田町に触れてほしい」と話した。

 

館林観光写真コンがリニューアル ウェブから募集

 館林市商業観光課は「Tatebayashi Webフォトコンテスト」を初開催し、現在参加作品を募集している。これまでの「館林観光写真コンテスト」から、募集形態を専用ホームページまたはツイッターに変えて実施する。同課の八木健一主事は「より多くの人に市の魅力を知ってもらうため、広く閲覧できるウェブに対応した。今まで参加したことのない人でも、気軽に投稿して」と、応募を呼び掛けている。

 

佐波東SSS(伊勢崎)3位 第26回赤城ドリーム杯少年サッカー

 小学生の8人制サッカー大会「第26回赤城ドリーム杯少年サッカー大会」(赤城ドリーム協議会主催、YC伊勢崎地区販売店協賛)が11、12日、伊勢崎市あずまサッカースタジアム、いせさき市民のもり公園で開催された。大会には県内と埼玉、栃木県から24チームが参加。県勢では伊勢崎市の佐波東サッカースポーツ少年団が3位入賞を果たした。

 

ソフト「オール邑楽」全国大会へ 実年 3度目の大舞台へ

 50歳以上の選手が参加するソフトボールの全国大会「第27回全日本実年大会」に、邑楽町の「オール邑楽」が出場する。今回で4年ぶり3度目の出場となる。9月1日から岩手県花巻市で行われる全国大会に臨む。就任3年目の久保友二監督は「大きな問題も抱えず、仲間と仲良くプレイできるのが一番の長所。全国大会もけがをしないように楽しんで、1勝でもできるように頑張る」と意気込みを見せている。

 

 

< チケット販売 > ページ

好評販売中です!

 ●東京ドーム巨人戦

  

<イベントインフォメーション> ページ

地域の催しをたくさん掲載しています。

 

< プレゼント > ページ 

●自家焙煎コーヒーとパンの店「Niwa」リキッドコーヒー3本セット 3名様

●茨城県近代美術館特別展「ポーラ美術館コレクション―モネ、ルノワールからピカソまで」招待券 ペア10組20名様

●サントリー美術館「京都・醍醐寺 ─真言密教の宇宙─」招待券 ペア5組10名様

●開館15周年特別展「ジョルジュ・ルオー 聖なる芸術とモデルニテ」招待券 ペア5組10名様

 

次号のviva! amigo

 2018824日号 [435]

 

<特集企画>

カルチャー教室

ただいま制作中です。お楽しみに! 


viva! amigo アーカイブ


 

株式会社 群馬東部よみうり新聞社

〒373-0805 群馬県太田市八重笠町361-1

TEL.0276-55-8822 FAX.0276-46-8862

取材の情報提供は、amigo@gunyomi.com

広告のお問い合せは、koukoku@gunyomi.com